blog

i0101i0201i0301
乗馬の記録

日曜日の午後は雨の中、乗馬用のレインコートを買って張り切る主人につられて、3鞍も乗ってきました。お馬同好会から体育会へと化している私たちです。

21鞍目→2回目のシンセサイザー。あれ、揺れが記憶していたより早くて細かい。上手くリズムが合わない。大好きなシンセサイザー、もっと上手に乗りたかった。残念。
<雨はまだポツポツ>

22鞍目→初めてのレッスンで乗って、ちょっと怖かった記憶があるアンバーロード。久しぶりに乗ったら揺れが大きくリズムが合わせやすくて、私もだいぶ慣れてきたなと思った。ただずっと下を向いて歩くので、重たい首を引っ張りあげるのが大変。
性格がのんき過ぎるみたいで、馬間距離を全く気にせず、どんどん前の馬のお尻にくっついていく。前の馬を怒らせて蹴られて、何度か怪我もしているそう。それでも気にせずズンズン歩く。お子ちゃまっぽくて可愛いね。でも気を付けてね。
<雨が強くなってくる>

23鞍目→2回目のクレストじいさま。前はお年のせいかぽわんとして、反応が鈍いなと思ったけれど、今回で大好きになってしまった。ひたすら優しくて、頭絡(ウマの頭に付ける馬具)を付けるのに時間がかかっても、上手く入らず耳をごきんっと折ってしまっても、のんびり待ってくれる穏やかさ!
レッスン中は、若いお馬に追い立てられながら張り切る頑張り屋さん。大雨でお池のようになった足場も、先頭に立って道を選んで歩くお利口さ!
もう77歳だけれど、こうやって人や他のお馬と触れ合いながら働けるのが、クレストじいさまの幸せなんだね。
ずっと元気でいてね。
<もう笑っちゃうほどの土砂降り>

雨で濡れたお馬の身体をタオルで拭いていたら、暖かい身体からふわっと蒸気が上がった。とても素敵な光景だった。
url0=http://www.tallulah.jp//tallulah_blog81.php